便利な機能
カメラ2台同時接続
2台接続時のカメラ映像
対応するカメラは、USBカメラ、ビデオキャプチャーカード、IEEE1394インターフェイス装備のDVカメラ等のDirectShow対応製品です。パソコンに2台のカメラを接続して同時に映像を表示することが出来ます。
※2台接続する場合、パソコンのCPUやメモリの消費が大きくなるため、相応のマシンスペックが必要となります。 ご利用のカメラの使用条件および当ソフトウェアの動作環境をご確認にして下さい。
動体検知機能
カメラ映像画面と動体検知画面
設定した検知エリア内の映像に変化があった場合に、アラームを発生する機能(動体検知機能)があります。 検知エリアは2ヶ所まで設定可能で、変化するグラフを見ながらアラーム感度を調整する事が出来ます。 アラーム時にはアラーム画像を添付したメールの送信や秒間コマ数を増やした録画設定が可能です。
Web閲覧(パソコン&携帯)
パソコン用と携帯用のWebページ
Webページには通常ページとアラームページがあります。通常ページは設定した間隔でカメラ画像を更新し、アラーム発生時にアラームメッセージを表示します。アラームページは、アラームが発生した瞬間の画像が表示されます。 また、携帯用のページもあり、こちらも通常ページとアラームページが用意されています。
パスワードロック
パスワード設定画面とパスワードロック画面
設定したパスワードによる操作ロックが可能です。
プログラムの起動・終了、設定変更など各操作を行う際には、パスワード入力画面が表示され操作が制限されます。
らくらく設定
ウィザードのFTPとメールの設定画面
インストール後に基本設定ウィザードが表示されます。
このウィザードに従って設定を行えば、FTPおよびメールの設定を楽に行う事が出来ます。
録画・再生
録画間隔の設定画面と録画再生画面
通常時とアラーム時で録画間隔の設定を変更する事が出来ます。
また録画容量をディスクの空容量により制限する事も出来ます。空容量が設定値以下になると古い録画ファイルから削除されます。
録画ファイルは「記録の一覧」及び「記録のトピックス画像」として画面に表示されますので、 各ファイルをダブルクリックして再生する事が出来ます。
メール送信
メール送信間隔の設定とメール送信内容の設定画面
一定間隔で画像添付メールを送信する事が出来ます。
アラーム発生時には、アラーム画像を添付して送信します。断続的にアラームが続いている場合は、ユーザー設定間隔でアラームメールを送信します。
また、画像を添付できない携帯にメールを送信する場合、本文にWebページへのURLを記述しておけば、そこからカメラ画像を見る事が出来ます。
スケジュール管理
スケジュールの設定画面
カメラ毎に週間・日間単位の動作スケジュールを組む事が出来ます。
また、回線異常やサーバー切断などのトラブル時にプログラムの再起動を行う監視機能があります。
こんな事で悩んでいませんか? 接続例と価格 動作環境 USBライブ
戻る


トップページへ